So-net無料ブログ作成
トップページへ
江戸三十三観音 ブログトップ
前の10件 | -

<終>最後の旅 その3(世田谷・目黒の2寺) [江戸三十三観音]

前日に青物横丁から学芸大学まで
決死の覚悟で自転車をとばしたおかげで、
2日目最終日は少し余裕をもってスタートできました。

電車で学芸大学まで向かい、
駐輪場に預けておいた自転車に乗って
第三十二番の「観音寺(かんのんじ)」へ
向かいました。
学芸大学と三軒茶屋のちょうどあいだにあり、
学芸大学附属高校の隣にあります。

住宅地の中に建つお寺で、
境内は自然が多く、建物も立派です。
表には仁王門があり、
不動堂や本堂、特攻観音を祀るお堂などがあります。

特に不動堂には重要文化財の
不動明王と八大童子像がいらっしゃるようです。
後で調べたところ、私の持っている本にも図版が載っていました。
サイズや色は分かりませんが(小さめ??)、
なかなか装飾的で童子が揃っているのも珍しい!
康円の作だそうで、
ぜひお目にかかってみたいです。

本堂の扉の上には木造の龍の彫刻があり
なんだか威圧感というか、激しい印象を受けます。
お経を上げ、近づいてみると、
中に入ってもよいと書かれていました。

中には若いお坊さんが本を読んでいて
「どうぞ近づいてご覧になってください」
と言ってくださいました。
今回の観音巡りで
内陣まで入れていただいたのは初めてのような気がします。
ご本尊の聖観音さんは
確か室町だったか戦国時代だったかの作で
(↑参拝してから2週間近く経つのであいまい…)
観音さんなのに刀印を結んでいるという
珍しい方でした。
攻撃的な意味があるそうですが、
お顔は穏やかというか、親しみやすい感じで
そんな印象は受けません。

周りにも様々な仏さんが並んでおられ、
脇侍のような形で
日光&月光菩薩が立っていらっしゃいます。
南北朝時代の作で、なかなか色気のあるお顔立ちです。
本来ならば薬師如来の脇侍ですから、
もともとは違うところにいらっしゃった方なのでしょう。
他にはマリア観音や大黒像などがありました。

古い時代の仏像が多いので、
さぞ歴史あるお寺なのだろうと思って
お寺の方に伺ったところ、
意外にも昭和の創建だそうです。
それにしてもこれだけの仏さんを
お祀りされているのはすごいです。
何かの縁があって皆さんこちらにいらっしゃったのでしょうね。
とても興味深いお寺でした。

110731.jpg

世田谷観音を出て、目黒通り沿いに行き、
満願を目指し最後のお寺、
第三十三番の「瀧泉寺(りゅうせんじ)」へ向かいます。
瀧泉寺は目黒不動のことで、
ご本尊のお不動さんが有名ですね。

私の友達が不動前に住んでいて
彼女と一緒に3年前に訪れたことがあります。
前回は本堂しかお参りしませんでしたが、
今回は入って右側にある観音堂が目的です。

本堂もそうですが、観音堂も新しくきれいです。
扉が少し開いており、
隙間からのぞくと聖観音さんがいらっしゃいました。
そして両脇に千手観音と十一面観音も控えています。
どの像も新しい印象を受けました。
こちらの観音さんについては
特に由来が分かりませんでした。
なぜ江戸三十三観音の最後を飾るのか、
それなりの歴史があるのだろうかと思うのですが、
分からず終いです。
第一番の浅草寺は
日本に仏教が入ってきたころの観音さんだというので
かなり納得がいきます。
目黒不動は円仁が開山し
これもまた歴史の深さを感じます。
恐らく浅草寺に負けないくらいに
大変信仰されていたのだと思います。
そのお寺の観音様だから尊い!ということなのでしょうか?
そうとしか考えにくいのですが…

いろいろ思いはありますが、
歴史云々よりも観音であること自体が
本来尊いことなので、
(どうしても歴史や仏像の表現に意識がいきがちなので…)
しっかりと手を合わせ、観音さんと縁を結びました。

寺務所で御朱印をいただき
満願証はあるのですか?と尋ねたら
御朱印に結願成就のハンコが押されているのが満願の証ということでした。

早いような長いような…
大変だったような楽しかったような…
1年3ヶ月の江戸三十三観音巡礼の旅は終りを迎えました。
もちろん何度まわってもいいものなので
もしかしたら…ということもありますが。
東京のお寺を見て、さまざまな発見ができました。
気に入ったお寺もいくつかあります。
東京の土地勘がないとか、
体力がないとか言いつつ
最後までやり遂げたことで自分に自信もつきました。

今後もこのような探究心やチャレンジ精神を持って
東京・関東のお寺を巡っていきたいと思います!

とりあえず、
やったぁーーー!!!

最後の旅 その2(旧東海道の3寺) [江戸三十三観音]

午前中になんとか4か寺を巡り、
品川でお昼休憩。

次に訪れるのは
旧東海道沿いにある3か寺です。
前から旧東海道の商店街は気になっていたので
やっと行くことができました。

商店街は下町情緒があり
のんびり歩くのもいいなーと思いました。
人も意外に多いです。
初めての町並みを楽しんでいると
第三十番の「一心寺(いっしんじ)」に着きました。

奥行き広いかもしれませんが、
今までまわってきたお寺の中で
一番小さいんじゃないかと思います。

案内の看板を読むと、
幕末の頃の開山だといい
歴史自体はそれほど古くないようです。
成田山と関わりがあるらしく、
ご本尊は不動明王だとか。
他に両大師像や飛鳥仏もあるというから、
寺宝は結構あるようですね。

とはいえ…本堂の中は暗く
内陣の様子は伺えません。

お経をあげる前にお賽銭をと思い
硬貨を投げたのですが、
なんと外してしまい、
コロコロっと堂内に転がってしまいました。
「あらら…」と思ったら
突然中から「ゴンゴンゴーン」という鐘の音が聞こえて
驚きました。
陰になっていて気付きませんでしたが、
中にご住職がいらっしゃったようで、
一部始終見られてしまいました(笑)

御朱印をいただいた時に
「次の品川寺は信号を3つ過ぎたところにありますよ」と
親切に教えていただきました。

さて、次の第三十一番の「品川寺(ほんせんじ)」へ向けて
自転車を走らせたのですが、
思ったよりも距離があり、
交差点はいくつも過ぎましたが、
信号機があまりなく一瞬心配になりました。

品川寺は京急の青物横丁駅の近くにあり
3つ目の信号のあたりは人も多く賑やかでした。

品川寺に入るとまず目に飛び込むのが大きな地蔵菩薩像です。
江戸六地蔵の第一だそうで、見応えもあり立派です。

境内は広く自然が多いので
街の中にいるとは思えませんでした。
「品川」の名がついているだけあり、
歴史も古く、本尊は弘法大師が授けたという水月観音と
太田道灌が後に加えたという聖観音だそうです。
こちらもダブル本尊スタイルのお寺ですね。

本堂の建物は何とも言えないつくりで、
中国風というか…
映画のセットみたいな印象を受けました。
「西遊記」とかに出てきそうな感じです。
中は広く、様々な寺宝が置かれていましたが、
一番気になったのが、醍醐寺のカレンダーと
私の家にもある、上醍醐の五大力さんのおふだです。
東京では真言宗豊山派や智山派のお寺は何件か訪れましたが
醍醐派のお寺は初めだと思います。

ご本尊に手を合わせた後、
境内のお堂を見てまわりました。
本堂正面にあるこれまた中国風の
六角形の建物の中をのぞいてびっくり。
色彩豊かな八臂の宇賀弁天さんがいらっしゃり
その存在感に思わず手を合わせてしまいました。

その他、お稲荷さんやジュネーブ帰りの釣り鐘、
七福神の石像などを見ていましたが、
境内の建物(櫓?)の上に『何か』がある気配がしました。
パッと見上げてみると、どこかで見たことのある
仏像のシルエットと馬や鳥の像が高い場所に置かれていました。
よく見ると法隆寺の救世観音を模した像でした。
後で寺誌を読むと英霊堂だったようで、
軍馬や軍犬・軍鳩も慰霊しているようでした。
いろいろ驚きです。

110723.jpg

本日最後のお寺、
番外の「海雲寺(かいうんじ)」は
品川寺から数軒隣に行ったところにあります。

こちらのお寺は
ご本尊の十一面観音よりも、
火の用心の神様、千躰三宝荒神王が
メインにおまつりされています。
荒神堂にはさまざまな絵馬が奉納されており、
人々の信仰の篤さが伺えます。
荒神像も拝することができ、火伏だけに結構アツいお寺です。
荒神さんはたまにおまつりされているところをお見かけしますが、
仏像をお目にかかったのは初めてです。

荒神堂の隣に控えめに建つ本堂に手を合わせ
御朱印をいただきました。
ご住職といろいろとお話をしていると、
「これ、よろしければどうぞ」と
紙を一枚いただきました。
『火の用心』と書かれていて、
お札ではなく注意喚起に貼ってくださいとのことでした。

今日参拝した7か寺は、
どこもそれほど大きいお寺ではありませんでしたが、
そのぶんお寺の方と参拝者の距離が近いようで、
会話をする機会が今までで一番あったように思います。
体力面での疲れはありましたが、
楽しくお寺めぐりをすることができてよかったです。

最後の旅 その1(三田・高輪の4寺) [江戸三十三観音]

7月の三連休のうち、2日を使って
江戸三十三観音めぐりの最後の旅に出かけました。

初日には
三田・高輪・旧東海道沿いの7か寺を
2日目には
世田谷と目黒の2か寺をめぐり
ついに満願致しました!!

暑い日差しの中、
自転車で巡るのはかなり大変でしたが
無事達成できてよかったです。

今回はかなりたくさんのお寺をまわったので、
何回かに分けてレポートをお届けします^^


さて、
最初に向かったのは第二十五番の「魚籃寺(ぎょらんじ)」です。
交差点や坂の名前になっているので
前からその存在は知っていました。
大きなお寺なのだろうと思っていたのですが、
魚籃坂を登っても他のお寺しかなく…
坂の中腹くらいにやっと魚籃寺を見つけました。

朱の門が目を引きますが、
思っていたよりもこぢんまりとしていました。
門よりも少し低いところに本堂はあります。
木立に囲まれて少し薄暗く、
本堂も古い印象です。
貼られた千社札にどことなく時代を感じます。

噂に聞く魚籃観音さんのお姿は拝せませんでしたが、
御朱印受付のところに
ミニチュア(?)魚籃観音さんがいらっしゃって、
きっとこのような可憐な姿をされているのだろうと想像しました。

魚籃観音は魚の入ったカゴを持っていらっしゃる方で、
観音さんが仏法を広めるために
美しい乙女の姿を借りて出現したことに由来するそうです。
昔、どこかのお寺の池に魚籃観音像が祀られていたのを
記憶していますが、
本尊として祀られているのは珍しいのではないでしょうか?

初日は7か寺を巡るということもあり、
ひとつのお寺にかける時間が短いのが残念なのですが、
先を急いでここから近くの第二十六番の「済海寺(さいかいじ)」へ。
魚籃坂から左に折れ、さらに坂を上ります。
暑さですでにヘトヘトです。

お寺は亀塚公園の隣にあります。
亀塚…古墳か何かがあるのかと確かめたく中へ入りました。
円墳のような小高い塚が公園内にあり、
説明を読むと、
古墳と思われていたけど、調べてみたらもっと昔のものらしい。
何とも言えないけど古墳かも。
『更級日記』とかにも出てくる…
みたいなことが書いてありました。
ううん…謎だ。

亀塚をくるっと一周できるのですが、
公園の裏側は崖になっていて少し驚きました。
かなりの高低差があるようです。

公園を出て済海寺へ。
新しいつくりのお寺で、
周りにお墓があり、檀家寺であることが分かります。
入って左側にある小さくて新しい観音堂の中に
「亀塚観音」が祀られています。

防犯上、扉は閉ざされていますが、
磨りガラスの隙間から仏さんを覗くことができます。
聖観音だそうなのですが、
坐像なので珍しいなと思いました。
ただ、観音堂脇に貼られているポスターには
立像の観音像の写真が使われていて、
安置されている方と姿が全く違う…
後で本を読んだのですが、
どうやら亀の上に立つのが亀塚観音らしいです…
じゃあ、堂内にいらっしゃったのはどなたなのでしょう…
謎が多いぞ、亀塚…

御朱印をいただいた時にお寺の方(奥様)が
「暑い中大変ですね」と声をかけてくださいました。
「この辺りが一番高い所だから、後はそれほど大変ではないですよ」
という言葉がすごく励ましになりました!
高い場所にあるので、
ビルに囲まれたせせこましさがなく
なんだか開放的な印象があるお寺でした。

110718.jpg

さて、さらに自転車を走らせ、
次は第二十七番の「道往寺(どうおうじ)」です。
伊皿子坂を下りたあたりにある、
これまた古い感じのお寺です。
狭い境内の中にお墓もあるので
先ほどのお寺に比べると窮屈な感じがしました。

そういえばですが、東京は7月のこの時期がお盆なんですよね。
済海寺もでしたが、お墓参りの方が何組かいらっしゃいました。

境内にずらりと並んだ石仏を見ていると
ひとつ小さな金銅仏が…
よく見ると仏ではなく、
大石内蔵助の像で少し笑いました。

こちらは聖観音と千手観音が
ダブル本尊をつとめているお寺のようです。
あまり聞かない例です。
どんな感じで並んでいらっしゃるのでしょうか?
拝観はできないのが残念です。
でも、聖観音が姿を変えたのが千手なのだから、
変化Before・Afterってこと…?
なぜこんな形式をとったのでしょうかね。

前半の最後を飾るのは
第二十九番の「高野山東京別院(こうやさんとうきょうべついん)」です。

せっかくなので泉岳寺の前を通って行きました。
(前に行ったので今回は割愛!)

和歌山の高野山の東京出張所って位置づけなのでしょうね。
写経を体験したのは五反田の薬師寺別院だったし、
東京で「別院」と名のつくお寺を探すのもおもしろいかもしれません。
築地本願寺もそうでしょ?

広い境内の中に、新しく立派なお堂があります。
さすが高野山!としか言いようがありません。

本尊は弘法大師のようで、
札所本尊は向かって右にいらっしゃる聖観音さんです。
観音像が2体並んでいたのですが、
もうおひとりはどなただったか…
(いっぱい巡り過ぎて忘れてしまいました…)

法要中だったのでこっそりと心経を唱え、
境内をぶらぶら…
不動明王やお大師さん、
四国八十八ヶ所をあらわす像(お砂踏み的なもの)
などがありました。
炎天下ですからゆっくりもしていられませんでしたが
芝生もあって居心地がいい感じのお寺です。

午前中で三田・高輪の4か寺を巡ることができ
予定通り、品川で昼食をとりました。
この後、旧東海道沿いの3か寺をお参りします。

[かわいい]江戸三十三観音札所MAP[かわいい]【更新!】

札所一気まわりプラン [江戸三十三観音]

江戸三十三観音をまわりはじめて
もうすぐ一年になります。

残すところ9か寺。
どれも家から遠いところにあるので
最後になってしまったのですが、
このお寺を一気にまわれないか思案中なのです。

品川駅を中心に7か寺があり、
他はやや足を伸ばしたところに2か寺があるのですが
何回かに分けると、往復の負担が大きいので
連続して行こうかと思っています。

1日目は品川辺りの7か寺をバタバタと巡り
青物横丁駅もしくは
次のお寺の近くの学芸大学駅に自転車を置いて帰り、
翌日は駅で自転車を引き取り
残る2か寺をまわって満願し帰る。
というプランです。

今のところ2日と考えていますが
1日目の流れによっては
3日かかるかもしれないと想定し、
今度の3連休、雨が降らなければ行こうかと思います。

この休みにやらないと
次のチャンスはゴールデンウイークになってしまうので
晴れることを祈り待つつもりです。

自転車を買ったのも丸1年前です。
最近ブレーキの調子が悪いので
ちゃんと点検に出して
万全の状態で出かけようかと思います。

ご好評の札所MAPも全部埋まることになるので
がんばりたいと思います!!

110306.jpg

お寺の個性(白山・本駒込の5寺) [江戸三十三観音]

前回ブログを更新した直後に体調を崩し…
寝込んだりしたのですが、思いのほか早く復活!
この三連休で気分を変えようと思い、
久々に三十三観音巡りに出かけました!

白山・本駒込周辺は札所が集っているので、
一度に五か寺を廻りました。

白山は以前に行ったことがあって、
かの有名な八百屋お七の墓があるという
第十一番の「円乗寺(えんじょうじ)」も、
その時に行こうと思っていたのですが、
なぜか忘れてしまい、今回が初めての参拝です。

門前には「八百屋於七地蔵尊」の小さなお堂があります。
あ、八百屋お七についてですが、
皆さんよくご存知だと思うので、詳しくは述べませんね。
参道を歩いて行き、本堂の手前には
お七の墓が並んでいます…
ひとりの人間のお墓が並んでいるというと
おかしな表現ですが、
全部で四つの石が祀られています。

お七の墓に手を合わせ、
本堂へ向かい、観音様にお経を上げました。
中をうかがうと中央に阿弥陀如来、
向かって右に聖観音菩薩、左には半跏の地蔵菩薩がいらっしゃいました。
どの方も金色で、近作かな?という感じです。

さて、続いては円乗寺からすぐの
第二十三番「大円寺(だいえんじ)」

敷地は広く、とてもきれいにされているお寺でした。
入ってすぐのところに
「ほうろく地蔵」というお地蔵さんがいらっしゃいます。
頭の上に大きいほうろくを乗せていらっしゃる
おもしろいお方です。
なんでも、熱いほうろくをかぶって
お七の身代りになった方だということです。
ここにもお七の伝説アリですね。

ほうろく地蔵さんの親しみやすい感じもぐっときたのですが、
なによりもこのお寺で注目していただきたいのが絵馬です。

絵馬といっても参拝者が願いを書いたものではありません。
御朱印をいただく時にお寺の方にうかがったのですが、
こちらのご住職さんによって絵や書が描かれた絵馬が
お寺の至る所に飾られています。
絵手紙を思い起こしていただくといいのですが、
けっこうレベルが高いんです!
ステキなんです!
「趣味が高じて…」なんて言われてましたが、
有名な仏像や棟方志功の模写、
花や詩などが描かれているのをつぶさに見ると
楽しくなり、心が温かくなったような気がします…
(そしてなぜかライバル心がふつふつと涌くという…笑)
ぜひ訪れていただきたいお寺です!

大円寺は聖観音を祀られているのですが、
御朱印には「七観音」と書かれます。
外から覗いただけですが、結構大きい観音樣方が
本堂に並んでいらっしゃるのを確認しました。
本によると高村光雲作の七観音があったのですが、
戦災で焼け、門下の方々が再現したのだとか。
うーむ。仏さんをはじめ、こちらはとてもアートな寺ですね…

さてさて、お昼ごはんをいただいた後も
自転車を走らせ、
白山からすぐの本駒込駅方面へGO!
第九番「定泉寺(じょうせんじ)」があります。

この白山から本駒込にかけては大変お寺が多く、
地図を見ながらでないとお寺を間違えてしまうので注意です!
私は定泉寺と間違えて別のお寺に入りました…

先ほどのお寺に比べるとひっそりとした印象のお寺で
御朱印をお願いすると、中に入れていただけました。
中央には阿弥陀如来坐像が、
向かって右に小さめの十一面観音菩薩がお祀りされています。
こちらも近作でしょうか…
座ってお経を上げていたらほっとしてしまい
やや長居をしてしまいました。
帰りにご供物までいただき、
親切にしてくださるお寺でいいなーなんて思いました。

100109.jpg

自転車をまた少し走らせ
続いては第八番の「清林寺(せいりんじ)」です。

入っていくと工事の幕が張ってありました。
なんでも飛鳥様式の三重塔を建てられているようです!!
すごい!
ちらっと覗くと一層目がチラッと見えて
なんだかちょっとうれしくなりました。

奥にある寺務所の入口のわきに
聖観音菩薩が祀られています。
ガラス張りになっていて、間近で拝むことができます。
全体的に黒くすすけていて、
今日廻った観音さんの中でも最も古い方と思われます。
黒さのなかに白く光る目がなんだか印象的でした…

清林寺を出た後、
今回の観音霊場には含まれていませんが、
すぐそばの光源寺(駒込大観音)に寄りました。
前から気になっていたので訪れたのですが、
金ピカです!大きいです!
(あ、でも二十二番の長谷寺の方のほうが大きいですよ)

最後のお寺は第十番の「浄心寺(じょうしんじ)」です。
入口には大きな布袋さんがいらっしゃって
なんだか和みます。

参道沿いにはお墓があり、寺地のほとんどは墓地のようです。
お堂も大変立派で、またしても覗いてみると
大きく美しい阿弥陀三尊がいらっしゃいました!
思いのほか新しく立派だったのでびっくりしたくらいです。
向かって右にいらっしゃる脇侍の方が
札所の観音様でした。
阿弥陀三尊の向かって左側には
大きな木魚が置いてあったりと圧倒されるばかりのお寺でした。

これにて本日の巡礼は終了。
ざざっと五か寺をまわったのですが、
お寺の個性を追っていくのも面白いなーなんて思いました。
もしかしたら、お寺の多い町で生き残っていくために
必要な要素なのかもしれませんけどね…

さて、残るお寺は番外を含めて九か寺ですね!
よーし、もうちょっとだ!がんばろー!

[かわいい]江戸三十三観音札所MAP[かわいい]【更新!】

徳川家ゆかりのお寺(近くの3寺) [江戸三十三観音]

異常な猛暑はいつまで続くのか…
あんまり暑いとお寺めぐり中に倒れるんじゃないかと心配し、
8月は行かなかったのですが、
9月になっても変わらず暑いですね…

今日訪れたのは、
江戸川橋の私の家から近い3寺。
まだ暑いので遠出はやめて、
お昼にざっとまわってしまおうという計画でした。

第十三番の「護国寺(ごこくじ)」は
江戸川橋から一駅、自転車でも直線の道を行くだけなので
すぐに着くと思っていたのですが、
すごく緩やかな登り坂で10分もかからないのに疲れ気味でした。

本堂は石段を登ったところにあります。
大変大きなお寺で、
さすが徳川家のお寺だわ!という感じです。
徳川綱吉の母、桂昌院の発願によって建てられ
桂昌院の念持仏であった如意輪観音をご本尊におまつりしたそうです。

あまり徳川家のことについては詳しくないのですが
(それこそドラマの大奥とか赤穂浪士とかくらいで得た知識くらい…)
私でも名前を知っているくらいだから、
相当な力を持たれていた方なのでしょう。

本堂は広く、もう豪華な感じ!
ご本尊は拝めませんでしたが(毎月18日御開帳)
後ろには観音の三十三身がずらり。
江戸期らしく、色彩が残っているのが見えました。
残念なことに眼鏡を忘れてしまい
どんな方がいらっしゃるかは全く見えませんでした…

向かって右側には近作と思われる大きな不動三尊。
左側には、長谷式十一面観音や不動明王、
役行者、四天王等たくさんの仏さんがいらっしゃいました。
ただ、私の目が見えにくかったからか、
その多くの仏像がとても怖く感じました…
うーん。なぜそんな風に感じたかは分からないんですが、
あまりにもたくさんの、大きな仏さんに囲まれたからかもしれません。

その他、多数の絵馬や欄間の牡丹の彫刻(やはり豊山派だから牡丹?)
天井の天女図は美しかったです。
あと、出入り口のすぐ上に三猿の彫刻があったので驚きました!

護国寺の境内は広く、
他にも薬師堂等があります。
ぜひ見ていただきたいのは不老門の石段の手前右側に、
富士塚(だと思う…)があったので、
登ってみるのもいいかもしれません!

さて、護国寺を出て春日通りを下り
第十二番の「伝通院(でんづういん)」へ。

伝通院前の交差点を曲がってびっくり!
グレーの幕がかかっていて
ええ!工事中!と思ったのですが、
改修しているのは三門だけでした。
ただ、本堂でも葬儀が営まれていたので
ちゃんと拝めるか心配でした。

葬儀は本堂の1階であったらしく、
ご本尊の阿弥陀如来さんと無量聖観音さんは拝むことができました。

伝通院も徳川家にゆかりのあるお寺だとか。
もとは南北朝時代に建てられた寿経寺というお寺で
徳川家康が母の於大の方の菩提寺として、
於大の法名「伝通院」を寺の名前としたそうです。
お寺には於大や千姫の墓があるとか。
歴史好きにはたまらないお寺という感じでしょうね。

余談ですが、
私の通って来た「春日通り」。
この通りの先にある春日という地名(後楽園のあたり)も
徳川家光の乳母、春日局の屋敷があったかららしいです。
このあたりは徳川家の女性たちに縁のある場所のようです…

100912.jpg

最後は神楽坂にある
第十六番の「安養寺(あんようじ)」へGO。
このあたりは私の会社の近くですし、
デカく言えば「私の庭」みたいなもの…(ウソ)

以前にも訪れたことはあったのですが、
ちゃんとお参りするのは初めてです。
こちらは徳川家のお寺というわけではないですが、
家康によって寺町であるこの場所に移されたそうです。

入ってすぐのお堂に十一面観音さんがおまつりされています。
こちらは歓喜天(聖天)さんのお堂なのですが、
どうやら聖天さんの本地仏が十一面観音さんなのだそうです。
こんな話は初めて聞きました。
おそらく後ろの大きな厨子に聖天さんがいらっしゃり
手前の厨子に十一面観音さんがいらっしゃるのだと思います。
このお堂には、他に大黒天や元三大師、妙見菩薩等がまつられているとか。

安養寺の本尊は薬師如来で、
空襲で顔と薬壷と手首だけが残ったのだとか。
それを復元したのが今のご本尊で、
丈六仏で金色のまぶしい素敵な仏さんです。
神楽坂を行き交う人も、
このお寺にこんな大きな仏さんがいらっしゃるとは思わないでしょうね。

その後、江戸川橋の家に帰りヘトヘト。汗でベトベト。
前回の東京タワー周辺へ行ったときより汗をかきました。
久しぶりの観音巡礼。
来月はもう少し涼しくなるかな。
春になるまでには全部のお寺を廻ることができそうです!

[かわいい]江戸三十三観音札所MAP[かわいい]【更新!】

炎天下の芝(芝の3寺) [江戸三十三観音]

いやー。暑かった…。
昨日は東京タワーの近く
港区、芝あたりの3寺を巡りました。

朝、少し時間があったので
軽く腕立て・腹筋・スクワットなんか
はりきってやってしまったのが災いして、
自転車をこぐ足が重くなり
いつも苦もなく登れる坂がつらい…という事態に!
目的地まで結構な距離があるので、
早速不安に…

まあ、なんとか着くことはできたのですが
まずは第二十番の「天徳寺(てんとくじ)」。
こちらは愛宕山の西側にあるお寺で、緑が多い境内でした。

なんでも『弥陀種子板碑』なる文化財があるらしく、
境内をブラブラしていたのですが、それらしいものが見つからず…
というか、観音さんがは祀られているのはどこ?
ときょろきょろしてみると、
木造の建物に「観音巡りの御朱印をされる方はインターホンを」
みたいな張り紙があったので、
お寺の方を呼びました。

奥様らしい方が出てきてくださり、
お堂の中へ上げてくださいました。
上がって正面左側に観音さんが祀られており、
お経をあげました。
室内が暗くて仏さんの顔ははっきり見えませんでしたが、
60cmくらいのお方でした。

奥様が記帳した朱印帳を持ってきてくださって
少しばかりお話をしました。
「このあと東京タワーの方のお寺まで行かれるんですか?」
と尋ねられました。
きっとそのルートで廻る人が多いから聞かれたのだろうと察しました。

お寺を出て、弥陀種子板碑のことを聞けばよかった〜
と少し悔やみましたが、
次の目的地は…寄り道してすぐそばの愛宕山。

前から一度訪れてみたいと思っていたのでいい機会でした。
山上には愛宕神社とNHKの放送博物館があり、
神社では結婚式をしていたようでした。
参拝されている方もいらっしゃって意外な人気に驚きました。

さて、また自転車を走らせて東京タワーの足下へ。
まず第二十一番「増上寺(ぞうじょうじ)」へ参拝。
大殿へ入ると大施餓鬼会の法要をされていました。
10人ほどのお坊さんがそれぞれお経を読まれていて
最後は大僧正さんと共に、皆で南無阿弥陀仏と唱えました。
思いもよらず突然の参加という感じでしたが、
皆で声をあわせてお経を唱えるなんて
しばらくなかったので新鮮でした。
東京に出てくる直前に増上寺には参ったのですが、
その時の大殿は閑散としていてなんだか寂しい感じがあったのですが
今回のようににぎわっていると、印象もだいぶ違いました。

さて、目的の観音堂がまた見つからず、
先に朱印をしてもらい、その時にお堂の場所を尋ねました。
西向観音は大殿の向かって右側にあるとのこと。
行ってみると、観音堂の側には水子供養の小さなお地蔵さんが
ずらりと並んでいました。
たくさんの方がお参りにいらっしゃるのを見たり、
絵馬の内容を少し読んだりすると胸が痛みました…
小屋のようなお堂に祀られた観音さんは
石造りで顔立ちもはっきりしない感じでした。
由来書には特に水子供養関係のことは書かれていなかったのですが
近くにあるからか皆さん参拝されているようです。

100719.jpg

増上寺を出て、東京タワー入口の正面にあると言っていい
第二十八番「金地院(こんちいん)」へ。
まず目を引いたのは、
コンクリ造りの建物のてっぺんに鉄線で組んだ
地球のようなオブジェがあること…
ちょっと変わったお寺さんかしら…と思ったのですが、
境内の墓地には大名家のお墓があったりと
歴史は古いようでした。
インターホンを押して、お寺の中へ入れていただきました。
外観は奇抜でしたが中は格天井になっていたりと立派でした。
茶色を帯びた聖観音が小さな厨子の中に祀られており、
姿ははっきりと見えませんでしたが
天徳寺の方と同じくらいか、やや大きいかという感じでした。

お経を読んで気がつくと腕に大量の汗が。
炎天下の中で自転車を飛ばしていて、
全身汗まみれになっていました。
その汗まみれのまま、
六本木のミッドタウンへ行き、少し遅い昼食をとりました。
トイレで鏡を見たとき、日焼けして赤い顔になってる自分に
よくがんばったと言って、それから帰路につきました。

[かわいい]江戸三十三観音札所MAP[かわいい]【更新!】

大きいお寺は違うね(四谷・青山の3寺) [江戸三十三観音]

昨日は暑い日差しの中
四谷と青山のお寺巡りに行ってきました。

四谷までなら歩いて行ったことがありましたが、
青山は電車でしか行ったことがなかったので
多少不安でした…

まあ、とにかく出発!

四谷三丁目まで自転車を飛ばし円通寺坂を下ります。
このあたりはお寺と坂が多い場所。
四谷という地名らしく、
谷に沿ってお寺が並んでいるという感じです。

第十八番「真成院(しんじょういん)」は
お寺とは思えないくらい大きな構えでした。
入口が観音坂の方にあるので行き過ぎてしまいました…

まず受付で朱印帳を預け、お寺の屋上へ。
屋上におまつりされている観音さんは初めてです。
扉を開けて中へ。
正面に潮干(しおひ)観音さん(十一面観音)、
右に毘沙門天さん、左には聖天さんの厨子がまつられていました。
立像の観音さんは暗くて(&目が悪くて?)
お顔ははっきり見えませんでしたが、
膝をくっと曲げられているのが印象的でした。
この像は潮踏観音とも呼ばれており、
昔、この辺りは海岸で、
潮の干満によって観音さんの台石がしっとり濡れたからだとか…
うーん。さすがにこの辺りが海だったというのは
仏教伝来よりだーいぶ以前のことだと思うのですが…
昔、川だったとかなら、地形的にも納得いくんですけどね。

お経を上げ、涼むために少しゆっくりしていたのですが
ふと窓の外を見ると、奇妙な石を発見!
よく見ると台に「奇影弁財天」とあり
石には蛇の姿が浮き彫りされていました。

受付へ戻って朱印帳を受け取り、リュックに納めていると、
お寺の方と檀家さんが法事の相談をされているのが聞こえました。
檀家寺は立派なお寺が多いですし、
こちらの真成院さんは本も出版されているようなので
新しいお堂が建てられたのかな?と勝手に憶測したりして。

100613.jpg

四谷からJRの高架をくぐり、赤坂御用地沿いに進み神宮外苑へ。
次の第二十四番「梅窓院(ばいそういん)」は
外苑前駅のすぐそばにあります。

こちらも新しいつくりのお寺で、
青山という土地にあった近代建築です。
やはり檀家寺の財力(?)はすごいです。

こちらでもまず受付で朱印帳を預け、1階のお堂へ…
入ると、なんだかお寺というより教会みたいな雰囲気で
椅子がずらっと並べられた中に真っ暗な空間に
ぽつんと小さな観音さんがいらっしゃいました。

細身で、お顔も今風。美少女というたとえがぱっと浮かびました。
もとは三国伝来の像をおまつりしていたようですが、
戦災で焼失したそうです。
こちらの聖観音さんは「泰平観音」と呼ばれているだけに
戦争で焼けたというのは胸が痛いですね。

ちょうど12時に拝観を終えたので、
受付の方にお願いして自転車を置かせてもらい
(ありがとうございました!)
昼食をとりました。
戻ってくるとき、梅窓院のすぐ近くに蓮舫議員の事務所があり
マスコミが殺到していました。
仕分け人はまだ来ていらっしゃらなかったみたいですが…

さて、次に目指すのは第二十二番「長谷寺(ちょうこくじ)」。
青山通りから骨董通りに折れ、高樹町交差点のあたりにあります。
住所的には西麻布になるんですね。

こちらは以前に足を運んだことがあります。
なんでも長谷寺だけに長谷式の十一面観音さん(しかもデカイ)が
いらっしゃると聞き、1年ほど前に訪れたのですが、
再びお会いして、また「デカっ!」と驚いてしました。

最初にお会いした時は、なんだか不思議な作りだな〜と思ったのですが、
再会してよくみると、日本美術の流れをくんだ像だと思うようになりました。
(まあ、独自の視点なので…自分だけで納得してます)
また、一度目は十一面さんしか見ていませんでしたが、
向かって右には、同じ作者のものと思しき聖観音像と
裏には夜叉像と三十三観音さんがいらっしゃいました。

もともとこの地には、奈良の長谷寺と同じ木で作った小像が安置されており、
長谷寺と所縁があったようですが、
今は曹洞宗の永平寺別院のお寺になっています。
東京本部という感じでしょうか?
先の2寺とは違う立派さがありました。
そういえば若い修行僧の方もいらっしゃいましたね。

今回まわったお寺はどちらも大変大きく立派なお寺で
しかも3寺とも観音さんのお姿を拝むことができました。
都会にあって、未だに信仰のあついお寺の「力」を感じる一日でした。

[かわいい]江戸三十三観音札所MAP[かわいい]【更新!】

寄り道しながら(目白・早稲田の2寺) [江戸三十三観音]

本日は私の家から近いお寺をまわってきました!

目白の金乗院(目白不動)は何度も足を運んだお寺ですし、
早稲田の放生寺は境内に入ったのは初めてですが、
そばを通ったことがあったので、地図を見ず行くことができました。

最初は第十四番「金乗院(こんじょういん)」へ…
でもその前に寄り道。
文京区が発行している地図に、
『目白不動跡』と書かれているのが前から気になっていたので、
まずそこから行ってみようと思いました。

江戸川橋の私の家からすぐ近く。
目白台ハウスのあたりと目星を付けていたのですが
石碑のひとつも見当たらず…
せっかく急な目白坂を上ったのに…って感じでした。

縁起によれば
「金乗院」は、天正年間に現在の高田の地に創建され、
1キロ東にあった「新長谷寺」(目白不動がご本尊)が
戦災で焼け「金乗院」と合併したそうです。
ですので、こちらのお寺は
『真言宗豊山派 目白不動 東豊山 新長谷寺 金乗院』
という長〜い名前なのです。

私、前から疑問だったのですが、
目白って範囲が広くて、どこからどこまでが目白っていうんだろう??
と思っていました。
番組の目白特集で椿山荘を紹介していたのが不思議で…
山手線の目白駅あたり(学習院や金乗院があるあたり)と、
江戸川橋のあたり(椿山荘とか目白台と呼ばれるあたり)では
だいぶ距離があるのになぜ?だったのですが、
昔は椿山荘のあたりに目白不動がいらっしゃったので
『旧目白』と『新目白』と考えたほうが
分かりやすいのかな〜とか思ったり。
うーん考えだしたら止まらない…

それはさておき、とにかく金乗院へ。
ご本尊の聖観音さんにお経をあげました。
もちろん開扉はされていません。
本堂では、若いお坊さんが掃除機をかけていらっしゃいました。
苦労して坂を上ったので、まだ少し息が荒れていて
お経を読むのが少しつらかったり。

本堂は新しく(平成10年再建)
のぞいてみると、とてもきれい!
気になったのが欄間に施された牡丹の彫刻。
派手で豪華な感じなのですが、
豊山派のお寺は牡丹をシンボルにしているのかな?
と、また思わせました。
(前回の東円寺にも牡丹が植えられていました)

本堂の右隣にある目白不動さんにも手を合わし、
御朱印をいただきました。

そのときいろいろ質問をしてしまいました。
目白不動さんはお前立ちで、年に3回御開帳大護摩供があること。
(次回は来週の5月28日(金)。行けない!!)
江戸五色不動の札所の御朱印はないこと。
など、観音巡りでなく、お不動さんのことばかりを聞いてしまいました。
興味があったので。

金乗院を出て、次の目的地はまた寄り道の「南蔵院」。
金乗院のすぐ近く。南へ下りたところにあって、
なぜ来たかというと、こちらは『花の寺』(勝手に認定)だからです。
『花の寺』といっても長谷寺の牡丹や、三室戸寺のあじさいみたいなのではなく
恐らくお寺の方が趣味でされている『バラの寺』!!
以前に母が遊びにきたとき、この辺りを散歩したのですが、
ガーデナーで特にバラ好きの母は大興奮!!
うらやましがってました。
たくさんの鉢植えに様々な種類のバラが楽しめます。
5月は見頃なので、おすすめです!

100522.jpg

さて、観音巡りにもどります。
南蔵院を出て、早稲田を目指します。
穴八幡の隣で、
その別当寺として創建された第十五番「放生寺(ほうしょうじ)」。
学生の波にのまれながら到着です。

徳川家に所縁のあるお寺らしく、葵の御紋が至る所にありました。
神仏分離で穴八幡とは境内が別れたそうです。

ご本尊のこれまた聖観音さんに手を合わせ、
御朱印をいただきました。
(こちらは貼るタイプの御朱印で、御影も貼付けてくださいました)
本堂の右側に小さな池があり、こちらで毎年秋に放生会を行われているそうです。
池には可愛い金魚が泳いでいて、
穴八幡の方から鳥の鳴き声が聞こえる…
境内を出たら学生の声がひっきりなしに聞こえる早稲田の地に、
こんなに自然の生き物たちがいる場所があるんだと知りました。

境内には他に神変大菩薩(役行者)が祀られていたり、
弘法大師像があったりと、それほど広くないお寺ですが
いろいろ見ることができました。

今回はこれで終了。まだ12時台でした!
その後、牛込のうどん屋さんや飯田橋ラムラに参拝しましたが、
このあたりは割愛!
近場にもいろいろなお寺があるな〜と
改めて感じることができました!

[かわいい]江戸三十三観音札所MAP[かわいい]【更新!】

まさかの単独事故!!(杉並・中野の2寺) [江戸三十三観音]

本日は中野あたりまで自転車を走らせました。
今まで行ったことがないところだったので不安でしたが、
地図と自分の体力だけをたよりに出かけました。

ルートとしては、河田町→東新宿→青梅街道→鍋屋横町
という感じで、まず第十九番「東円寺(とうえんじ)」を目指しました。

順調に走っていたら、なんといきなり抜弁天あたりで単独事故…
風で帽子が飛ばされたのに気を取られてまさかの転倒!
しかもまだ半分も来ていないところでの負傷で
不安感が増したのですが、たいして痛くなかったし、
相棒の自転車も特に問題なさそうだったので先に進みました…

青梅街道から鍋屋横町の商店街に折れたのですが、
京都の北野商店街に雰囲気が似ていて和みました。
そこから杉並の区界を過ぎてしばらく行ったら
東円寺に着きました。
このあたりはお寺が多く、しかも立派でデカイ…
近くのお寺はすごく立派な仁王像が安置されていたり、
少し西のほうに行くと、立正佼成会の
これまた立派な建築群が立ち並んでいました。
(コレはお寺とは言わない…?)

東円寺も新しく、門のあたりも牡丹やツツジが咲き乱れていました。
入って正面の本堂には薬師如来がおまつりされているようです。
(山号は医王山といいます)
負傷した右膝を癒してくださいとお願い…
本堂の奥は墓所で、左側にある小さいお堂が観音堂。
聖観音さんがおまつりされているらしいのですが、
びっちり戸が閉まっていて、開けるのをためらいました。
思い切って開けてもよかったけれど、
朝からこけたりしているので、
ここでもし開けて警報が鳴ったら…
と思うと、怖くて開けられてませんでした。

観音さんにお経を上げ、寺務所へ御朱印をいただきに入ったのですが、
これまた新しいつくりで、扉も自動ドア…
久々に自動ドアにビビってしまいました。

お寺を出て、入口のさらに左側に門があり、
その前にお寺の由縁書の看板が出ていました。
いろいろと古い文化財があるようなことが書かれていましたが、
最後に
「当寺の飛境内(和田一丁目十三番)には御不動様が祀られています。」
との記述がありました。
せっかくなので見に行こうと地図を開いたら、
来た時に通った道沿いに不動堂がありました。

不動堂は小さなお堂でしたが、
中をのぞくと、石仏の不動明王像と
制多迦・矜羯羅童子がいらっしゃいました。
相州大山の不動尊への道しるべと伝えられているようですが、
関東のお寺に弱い私はあまりピンときませんでした…

100504.jpg

不動堂から南へ下りて中野区に入り、
方南通りの租税資料館のあたりを曲がって少し行ったところに
次の第十七番「宝福寺(ほうふくじ)」があります。

こちらは先ほどの東円寺に比べると古いおもむきで、
木がうっそうと茂っており、いかにもお寺という感じでした。
由縁書が見当たらなかったので詳しいことは分かりませんが、
こちらのご本尊は聖徳太子だそうで、
本堂の、向かって右3分の1のスペースに
観音さんがまつられていました。

暗い本堂内は覗いてもよく見えませんでしたが、
比較的大きめの舟形の光背が見え、
手前にろうそくの明りが4つほど揺らめいていました。
こちらは如意輪観音さんだそうです。
私が持っている本には、
本堂の左手前に観音堂があるように書かれていたんですけど、
今、その場所にはなにもありませんでした。
現在は本堂に移られたようですね。
二臂の如意輪観音さんだそうですが、
本堂前に石仏の二臂如意輪観音(多分…)がいらっしゃったので
きっとこのようなお姿をされているのだろうと想像しました。

12時20分ごろだったので、お昼時に失礼かなと思いましたが、
他に行くところもなかったので、御朱印をいただきました。

これにて本日予定していたお寺はまわり終えました。
このあたりはあまり食べる場所がなさそうだったので、
スーパーでお昼を買い、公園で食べました。
GW。ひとりでしたが、行楽気分を味わいました。
その後、新宿に寄り高島屋参拝。
ユニクロには行きませんでしたが、とらやで柏餅を買って帰りました。

[かわいい]江戸三十三観音札所MAP[かわいい]【更新!】
前の10件 | - 江戸三十三観音 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。