So-net無料ブログ作成
検索選択
トップページへ

私流 歴史ドラマの見方 [その他]

太宰府紀行の途中ですが…

新しい大河ドラマが始まりましたね。
久々に戦国・幕末以外のテーマなので
この先どうなって行くのか楽しみです。
まあ、いろいろ言う人もいるみたいですけど…

私はここ数年、
歴史ドラマを字幕付で見るようにしています。
始めた理由はすごく単純で、
放送中は家事やら何やらで見ていられなくて、
録画したものをお風呂上がりに見ていたんです。
で、髪の毛を乾かしながらだと音声が聞こえないので、
試しにリモコンの字幕ボタンを押してみたのがキッカケです。
少なくとも「龍馬伝」の頃からやっています。

最初はドライヤーを使用している間だけだったのですが、
そのまま見続けていると、
台詞の聞き取りづらかった部分が分かったり、
耳で聞いているだけでは理解できなかった言葉の意味が
漢字を見て分かるようになったりするなど、
いろいろとメリットを見つけられるようになり、
最近では字幕で見るのが当たり前くらいになっています。

もちろん風情は半減します!
ですが、物語を理解しながら見たいという場合は
効果があるのではないかと思っています。
3ヶ月で終わるドラマならいいですけど、
大河ドラマは1年間もあるので長いですからね。
毎回の理解度が要求されます。

私は「坂の上の雲」を毎回見ていましたが、
1年間の期間が空くといろいろ忘れてしまう上に、
まったく予備知識のない明治時代だったので、
見るのが途中でキツくなってきたんです。
でも、きちんと字幕もつけて追って見ると、
人名や地名が分かるようになり、
昨年末の第三部は大変面白く見ることができました!
また、今年の大河ドラマの「平清盛」も
初めて聞く人名が多いので、役立つのではないかと思っています。

まあ、画面に大きく文字が出てくるので、
好き嫌いはあると思いますが、
耳だけでなく目でもストーリーを追えるので
5分でもいいので試してみてはいかがでしょうか?
私のオススメです。

120116.jpg

ちなみにですが…
「平清盛」第2話で、
白河法皇が寺で祈願をしているシーンが2回ほどありました。
見終わった後、母と電話で「あのお寺はどこや!?」と話題になり、
お寺のシーンを何度も一時停止して、
仏像やお堂の感じから、どこでロケをしたのか推理しました。

堂内は土間になっている。(古い時代のお寺)
朱色の柱がある。
チラッと映る本尊は如来形で金箔、目に玉眼。(平安末期よりも後の作)
↑白河法皇は極楽往生を願っているから阿弥陀像??
脇侍に菩薩像が置かれている。
よーく見ると本尊の台座が変わった形。裳懸座の下に何かが並んでいる。

…この最後の台座に並ぶ「何か」で分かりました!
東寺の金堂の薬師如来坐像の下に
十二神将がぐるりと立っていたのを思い出しました。

東寺で買った書籍と照らし合わせ、
柱の色や脇侍の日光・月光菩薩、
薬師如来のお顔の金箔の剥げ具合からみても間違いないです!!

金堂は平安時代にはあったので、
白河法皇が祈願していてもおかしくないかもしれません。
ただっ!
現存の金堂は焼けた後に桃山時代に再建されたもの。
本尊の目に玉眼が入っていたのもこのためですね。
お顔は平安期のような優美な感じがないので
時代的なものを考えると残念なところではあります。


私としてはどこのお寺でロケをしていたか分かってスッキリなのですが、
およそ10分で答えを導いた自分にやや気持ち悪さを感じ、
「あのお寺、東寺の金堂やったで!」と
あとで母に伝えたら、少し引いていたような気がします(汗)

今年のこと、来年のこと [その他]

仕事の忙しさにかこつけて
ずっとサボっておりました。

あっという間に一年が過ぎ去り、
今年は何をやったかなーと振り返ると、
夏までは江戸三十三観音札所をまわったり頑張ってたんですけど、
それから後がダメダメでしたね。

反省。

でも、なかなか前のようなペースで更新するのは
難しいんじゃないかという不安もあったりで、
まあ今まで通り、無理のない範囲でやっていくつもりです。
無理してやっても楽しくないんで。

仕事が忙しいといっても、
休みの日はあるので
来年はもっと外に出かけようかと思います。
もっとというよりもう少し遠いところ…と言うべきかもしれません。
自転車で行ける範囲から日帰り旅行の範囲に広げて、
電車でぶらりと関東のお寺、博物館美術館を攻めて見ます。

今プランに上がっているのが(寺社関係以外もありますが…)
成田山新勝寺
鎌倉のお寺
横須賀のお寺
千葉の国立歴史民俗博物館
千葉市立郷土博物館(千葉氏、妙見関係の資料があればと期待!)
平山郁夫シルクロード美術館
(都内ですが…)松岡美術館・青梅あたりのお寺
etc…

なぜか千葉が多いのが気になるのですが、
お寺や仏像、歴史関係について深く学べればな〜と思っています。

そんなこんなで、今年はこのへんで。
111227.jpg

仕事ばっかりしている [その他]

今どこにいるかって?
昨日の朝から会社にいるよ…

なんだか本当にここ数ヶ月仕事ばっかりしている…
なぜだっ?やっぱり自分のせいなのかっ!?
ここで吠えても仕方のないこと…

20111210.jpg

土日はゆっくりしたいけど、
年末だけにいろいろやることあるし、
宿題(仕事)をお休み中にいろいろこなさなくちゃいけないし。

むはは〜〜。
お寺行きたい。
早く帰省したい…

来年早々、太宰府に行こうという計画をしているけど、
仕事や体調不良でつぶれなければいいなあ。

むはは〜〜っ。
とりあえず家に帰ろうかと思います。

山ガール・寺ガール [その他]

終わらない連日の激務。
そのため、週末に自宅のPCを立ち上げるのも嫌で。
仏像について調べる時間さえもなく、
半死半生の生活をここ2ヶ月くらい送っています…


そんな中、先週は会社の山好きの先輩といっしょに
筑波山に登ってきました。
万葉集にも出てきますし、
どんなところか行ってみたい!と前から思っていたので、
この機会に行ってみることにしました。
上醍醐でさえヒイヒイいってる自分が
ケーブルもロープウェイも使わず登り、
下山するという奇跡(?)を見せ、久々にリフレッシュしました。
(とはいえ、翌日以降、ひどい筋肉痛に襲われましたが…)

山登りの後、先輩と食事をして、
それぞれの趣味のことなどを話していたのですが、
そのなかで、「山ガール」とか「寺ガール」なんて
呼ばれることについてどう思うかという話題になりました。

お互い「○○ガール」と呼ばれることに抵抗があって、
そんなカテゴリーの中に自分が入っていることに
違和感を感じているようでした。

「自分は好きで山に登っているだけ!」
「寺ガールなんて呼ばれる以前からお寺巡りしてる!」
だからそんなカテゴリーを勝手に作って
その中に入れてくれるなと盛り上がりました。

昨今、○○ガール、○○女みたいな女性が
すごく増殖しているように言われていますが、
それは趣味で人種をカテゴライズするような傾向に
世の中がなってきているだけだと私は思うんです。
特に女性に関しては新たな○○ガールを発掘することで
マーケットを開拓しているような気配を感じたりもします…

私はなんとなく批判的な意見なのですが、
でも、最近は逆手にとってみるという考え方も
アリだなと思っています。

例えば昔はひとりでお寺に行くと
「どうしたの?何か悩みでもあるの?」とお寺の人に心配されたり、
「お寺巡りが趣味です」「仏像見るのが好きです」というと
変な顔されたりすることが多かったのですが、
最近はそういったことがあまりない。
多分まわりが「ああ、こいつ寺ガールなんだな」みたいな風に
認知してくれてるからだと思うんです。
だからある意味住みやすくなった。
お寺や博物館も仏像を展示するスペースを広く設けるようになったし、
私がこの趣味をはじめた頃よりは
断然、環境が整ってきているような気もします。

先輩に、山ガールブームになって
よかったことはありますか?と聞いたら、
おしゃれな登山アイテムが増えたとか
女性用のトイレが整備されたなど
こちらでも利点があったようです。

世間に踊らされている感もある○○ガールですが、
考えようによってはいいこともあるぞ
ということでお互い納得。

私にとっては貴重な趣味人の先輩なので
深く話せて楽しかったですし、
自分の○○ガールに対するモヤモヤを
共有できてよかったです。

111120.jpg

東京ナイロンガールズにて紹介されました [その他]

ウェブマガジン「東京ナイロンガールズ」
「ガール・ミーツ・ガールギーク」にて、
私、紹介されております。

「ギーク」とは平たくいうと「オタク」だそうで、
私は仏像オタクとして取材を受けました!
前編・後編と分かれていて、今回は前編が公開。
次回は約1ヶ月先になる予定だそうです。

取材を受けたのは少し前で、
江戸三十三観音を巡り終えた翌日に
目白不動や雑司ヶ谷鬼子母神などでデートしてきました。
目黒不動と目白不動を連チャンでお参りしたことになります…)
本人的には滅多にないことなので
とても楽しかったです!

詳しくはサイトをご覧ください。
私が仏像にハマったキッカケetc…が
語られておりますので。

他のガールギークのみなさんの記事もとても面白いです。
(そしてみんな可愛いっ!美人っ!)

東京ナイロンガールズというサイト自体も
女子の本音満載で結構スキ。
こういうことを考えている女性もいるんだよって
誰かに言いたくなるような…そんなサイトです。
ちょっと(かなり?)ズレた私みたいなのも受け入れている
懐の広さ!!!サイコーです。

東京ナイロンガールズのみなさま、
どうもありがとうございました!

110912.jpg

雑誌解体 [その他]

私が住んでいる部屋は狭い。
その上、私はモノが捨てられないタイプ。

夏じゅうだらだら暮らしていて、
部屋を片付ける気力がなく、
これ以上このまま暮らすと廃人になってしまうのではないかと思い、
昨日少しだけ掃除しました。

部屋中に散乱(?)していた服はすぐに片付いたのですが、
何よりも本の片付けが大変で…

雑誌の「仏像」「お寺」特集は
カラー図版が一度にたくさん手に入り、
仏像の絵を書く時に重宝するのでついつい買ってしまうのですが
片っ端から買い求めたために
雑誌が山のように積まれている状態で、
これをどうするかずっと考えていました。

どうしても捨てることができないので、
仕方なく必要な部分だけ切り離してまとめるという
手段に出ました。

モノによってはほとんどが必要な雑誌もあったので、
そういうものはそのままに。
全体の60%以下が必要なものだけ解体しました。

こうやって雑誌をよく見ると、
『特集』といいつつ雑誌全体の60%くらいしか
割いていないものなどいろいろありました。
特集が2本立てのものもありましたし…

特に近年の仏像・お寺ブームにともない、
普段そんな特集しなさそうな雑誌に限って特集部分が少なく、
残りはファッション情報に割いているものが多かったです。

内容も色々で、若者向けはマンガやイラストをふんだんに使い、
親しみやすさを与える内容になっていますが、
年配向けの雑誌になると、仏像の解説+仏像に会う旅というのが
定番だということが分かります。
若者には手っ取り早く知識を身につけさせて、
(こーゆーので少しばかり知識をつけて、
蘊蓄として語るオトコの多いこと多いこと…)
定年前後の人には余った時間で行ってみなよ。
という構成になっているんでしょうね。

そんなこんなで何冊か解体したのですが、
結局本棚に納まりきらず、
新たに本棚スペースを開設して
なんとか納めたという感じです…

ただ、これ以上増えるとさすがに入りきらなくなるので
本や雑誌を買う量も考えないといけない状態になっています。
心苦しいのですけれど。

110904.jpg

なぜだか涙ポロリ [その他]

昨日、日本橋あたりをぶらりしていて、
奈良のアンテナショップに行きました。
(日本橋に行ったら必ず入ってしまうんです)

店内を見て回って、
基本いつもと変わらない商品を眺めていたんですけど
フロアに置かれたモニター
JR東海の奈良CMを流していたんです。

今、テレビで頻繁に長谷寺版を見かけると思いますが、
今までのシリーズ(6種類くらい?)を
リピートしていました。

立ち止まってじーっと全種類見てたのですが、
なぜだか…
本当になぜだか涙がポロッとこぼれたんですよ。
自分でも訳がわからないですし、
端から見たら絶対怪しい…

涙がこぼれた理由…
考えてみると、
CMの中に描かれている古の歴史や
お寺や神社の神秘性というのが、
当たり前なんだけど日常生活の中から消え去っていて、
それが少し悲しくなったこと。
(…だから奈良に行ってみませんか?というCMなんだろうけど)
もうひとつ、
土地の魅力を伝える広告というのを
やっぱり自分もやってみたいと改めて思ったのが
理由なのかもしれません。

学生の時、JR東海の広告に憧れて
会社の試験を受けてみようかと思ったのですが、
広告制作の部署は新卒を採っていなかったので
その願いが叶いませんでした。
もちろんそれは仕方のないことです。

でも、そんな広告デザインがいつかできればなあと
心の奥底でずっと思っていました。
とりあえずデザイナーという職業につきましたが
やってみたい仕事ができていないフラストレーションが
一気にドババッ!と
奈良のアンテナショップで流出してしまったのです…

今の仕事は楽しいこと、嬉しいこと、
もちろん大変なことなどいろいろあるけど
知らないうちにストレス溜めてるんでしょうね。
本当におかしなヤツですよ、私。

でも、やりたいことがまだあるということは
いいことかなとも思うので
いつか叶えられると信じてみたいと思います。

110529.jpg

私の前世は… [その他]

先日、会社の先輩方3名と
「前世占い」に行ってきました!!
飲み会の場で話題になり、
じゃあ行こうか!ということで…

雑誌にも載っている有名なお店だそうで
並んでいるのを目撃したという報告もありましたが
私たちの前に3名ほど先客がいたくらいでした。

店内にはミニ噴水やら水晶やら…
パワーストーンショップのような怪しい雰囲気もありましたが、
全体的に明るくこざっぱりしていました。
占い師さんも気さくな感じの女性で
(ややコスプレはいってますが…)
印象は悪くない感じ。

待っている間に、今までどんな占いをしたことがあるとか
前世は○○っぽいみたいな話で盛り上がりました。
私の前世は「仏像好きだからホトケじゃない?(笑)」
みたいなことを言われました…


そんなこんなで私たちのグループがみてもらえる順番になり
ひとりずつ占いの席へ。
怪しい個室に連れて行かれるのでは?と心配してましたが
待っている席から見えるところで占ってもらえるので
占いがはじめての人間としてはホッとしました。

私は2番目にみてもらうことになり
水晶を持った占い師さんと差し向かって座ると

「あなたの前世の中で一番強く出てきた方からの言葉をいただきます」

と言った占い師さんは、
なにかに『入った』感じになり…こう告げました。

110521.jpg

まさかのまさかで驚きました(笑)
とにかく男性だとは思っていなかったのと
まったく縁のないヨーロッパだったので!

前世の方によると、私は
「一流のモノに接することで、自分が磨かれる」
ということでした。
…うん。まあそうだろうね。

他にもいろいろとお言葉をいただき、
10分弱ほどみてもらいました。
他の先輩方の占いも終り、
料金(3000円!)を払い店を出ました。

あとでお互いどうだったかという話で盛り上がり、
皆さんは修行僧やらシャーマンやら
庭師(←植物と会話できる)だったそうです。
なんだか神がかり的な人物ばっかりの中に
なぜ私が貴族?って感じでしたが
皆さんそれぞれ思うものがあったそうです。

私も今まで占ってもらった経験がないので
どんな感じかドキドキしましたが
結構楽しむことができました。
自分の前世が英国貴族だったかどうかはともかく
『ちょっといい言葉』をもらえたのは
自分への刺激になりよかったです。

とりあえずちょっといい紅茶でも買ってみますか。
なんてね。

手術! [その他]

もう一週間ほど経ちますが、手術しました。

歯の矯正の関係ですが、
金具を歯茎に埋め込みました。
いわゆるインプラントです。

奥歯のあたりに上下左右4ヶ所を
一度に入れるという
結構無茶なことをしました。
麻酔代とか何度もかかるのは嫌だったり
仕事休むのも少なくしたいので
お願いして一度にやってもらったのですが…
やっぱりちょっとキツいですね。

自分でも笑えるくらい相当腫れて
食事をすると食べカスがつまります…
腫れていて口が開きにくいので
歯ブラシを入れるのも必死でした。
まあなんとか腫れの山場は越えましたけど、
まだちょっと歯磨きは苦手です。

この金具はというと
奥歯を歯茎に埋め戻す(?)ためにつけた
補助具みたいなもので
矯正が終わると取ることができます。
また手術かと思うとテンション下がりますが
2〜3年先のことなんて考えててもしょうがない!
もう少ししたら
親知らずを抜くという手術も待ち構えています…
出ているのは1本だけなので
残り3本は切開が必要…
はぁ〜…ですよ

110504.jpg

ここしばらくは手術づくことになりそうですが
まあなんとかやっていきたいと思います。
でも…
江戸巡礼に行く時間がつくれないぜ…
トホホ…

状況変わらず…? [その他]

状況的にはあまり変わっていないような気はするけど、
毎日少しずつ進展を見せていて、
いつの間にか4月になってしまいました。

私の住んでいるところは
計画停電のグループの中に入っていませんが
もちろん節電を意識しています。

仕事は激減して
やっと最近仕事が入ってくるようになったな
という感じです。

休みの日はあまり遠出するのを避けています。
予定していた江戸札所巡りも延期してしまいました。
気晴らしに、大倉集古館に行ってみようかと思いましたが
調べてみると休館…
まだ仕方がないですかね。

とまあ、以前のような暮らしに戻るのは
あと少し時間がかかりそうではありますが
ブログは再開しようかと思っています。

まだいろいろ不安はありますが、
少しずつでも元の生活に戻れるようにしていきたいですね。

110402.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。