So-net無料ブログ作成
検索選択
トップページへ

なぜだか涙ポロリ [その他]

昨日、日本橋あたりをぶらりしていて、
奈良のアンテナショップに行きました。
(日本橋に行ったら必ず入ってしまうんです)

店内を見て回って、
基本いつもと変わらない商品を眺めていたんですけど
フロアに置かれたモニター
JR東海の奈良CMを流していたんです。

今、テレビで頻繁に長谷寺版を見かけると思いますが、
今までのシリーズ(6種類くらい?)を
リピートしていました。

立ち止まってじーっと全種類見てたのですが、
なぜだか…
本当になぜだか涙がポロッとこぼれたんですよ。
自分でも訳がわからないですし、
端から見たら絶対怪しい…

涙がこぼれた理由…
考えてみると、
CMの中に描かれている古の歴史や
お寺や神社の神秘性というのが、
当たり前なんだけど日常生活の中から消え去っていて、
それが少し悲しくなったこと。
(…だから奈良に行ってみませんか?というCMなんだろうけど)
もうひとつ、
土地の魅力を伝える広告というのを
やっぱり自分もやってみたいと改めて思ったのが
理由なのかもしれません。

学生の時、JR東海の広告に憧れて
会社の試験を受けてみようかと思ったのですが、
広告制作の部署は新卒を採っていなかったので
その願いが叶いませんでした。
もちろんそれは仕方のないことです。

でも、そんな広告デザインがいつかできればなあと
心の奥底でずっと思っていました。
とりあえずデザイナーという職業につきましたが
やってみたい仕事ができていないフラストレーションが
一気にドババッ!と
奈良のアンテナショップで流出してしまったのです…

今の仕事は楽しいこと、嬉しいこと、
もちろん大変なことなどいろいろあるけど
知らないうちにストレス溜めてるんでしょうね。
本当におかしなヤツですよ、私。

でも、やりたいことがまだあるということは
いいことかなとも思うので
いつか叶えられると信じてみたいと思います。

110529.jpg

私の前世は… [その他]

先日、会社の先輩方3名と
「前世占い」に行ってきました!!
飲み会の場で話題になり、
じゃあ行こうか!ということで…

雑誌にも載っている有名なお店だそうで
並んでいるのを目撃したという報告もありましたが
私たちの前に3名ほど先客がいたくらいでした。

店内にはミニ噴水やら水晶やら…
パワーストーンショップのような怪しい雰囲気もありましたが、
全体的に明るくこざっぱりしていました。
占い師さんも気さくな感じの女性で
(ややコスプレはいってますが…)
印象は悪くない感じ。

待っている間に、今までどんな占いをしたことがあるとか
前世は○○っぽいみたいな話で盛り上がりました。
私の前世は「仏像好きだからホトケじゃない?(笑)」
みたいなことを言われました…


そんなこんなで私たちのグループがみてもらえる順番になり
ひとりずつ占いの席へ。
怪しい個室に連れて行かれるのでは?と心配してましたが
待っている席から見えるところで占ってもらえるので
占いがはじめての人間としてはホッとしました。

私は2番目にみてもらうことになり
水晶を持った占い師さんと差し向かって座ると

「あなたの前世の中で一番強く出てきた方からの言葉をいただきます」

と言った占い師さんは、
なにかに『入った』感じになり…こう告げました。

110521.jpg

まさかのまさかで驚きました(笑)
とにかく男性だとは思っていなかったのと
まったく縁のないヨーロッパだったので!

前世の方によると、私は
「一流のモノに接することで、自分が磨かれる」
ということでした。
…うん。まあそうだろうね。

他にもいろいろとお言葉をいただき、
10分弱ほどみてもらいました。
他の先輩方の占いも終り、
料金(3000円!)を払い店を出ました。

あとでお互いどうだったかという話で盛り上がり、
皆さんは修行僧やらシャーマンやら
庭師(←植物と会話できる)だったそうです。
なんだか神がかり的な人物ばっかりの中に
なぜ私が貴族?って感じでしたが
皆さんそれぞれ思うものがあったそうです。

私も今まで占ってもらった経験がないので
どんな感じかドキドキしましたが
結構楽しむことができました。
自分の前世が英国貴族だったかどうかはともかく
『ちょっといい言葉』をもらえたのは
自分への刺激になりよかったです。

とりあえずちょっといい紅茶でも買ってみますか。
なんてね。

たまにはこういうのも [描きたいものを描く]

110514.jpg

たまにはこういうのも描きたくなります。

結局のところ
私は同人誌とかを発行している人たちと
同族なのだとこういう時に感じるのです…

いうなればヲタなのですよ…

びしゃびしゃだー! [仏教・仏像]

去年、立花毘沙門堂を訪れた際に
説明をしてくださったお寺の方が持っていた本が
ずっと気になっていました。

至文堂の日本の美術
毘沙門天像の特集がされているものです。

バックナンバーを置いている
東博のミュージアムショップを探しても見つからず、
至文堂のサイトにもこの本が掲載されておらずで…
存在するのは確かなんですけど
入手が困難っぽいんですよ。
(サイトに載ってないだけで
問い合わせればGETできるかもしれませんが…)

で、あきらめていたんですが
家の近くの図書館は美術の本が豊富だということを思い出し、
探してみたらあったんですよ。
日本の美術シリーズがずらりと揃ってました!
結構上のほうにあって気付かなかったんですよね。

早速お目当ての毘沙門天像特集を借りたんですが…
もうどこを開いても毘沙門天ばかり!
(当たり前だけどwww
もうびしゃびしゃですよ…

毘沙門天像の造形に関する細かな解説が
系統立ててされていて、
宝塔を右手に捧げている像は…左手の像は…とか
平安時代後期には腰を強くひねる像が出てくる…とか
鞍馬寺の本尊は元々こんな形だった…とかとかとか…
初めて知ることばかり!!

返却するのが惜しいくらいなのですが、
図書館という力強いバックを得られたおかげで
仏像知識が格段に増えそうな予感がしております。

110508.jpg
図版を見ているとまた毘沙門旅に出たくなりました!
静岡・願成就院
太宰府・観世音寺
どっちも行きたいな〜
観世音寺の毘沙門さん、シャアっぽくないですか?

手術! [その他]

もう一週間ほど経ちますが、手術しました。

歯の矯正の関係ですが、
金具を歯茎に埋め込みました。
いわゆるインプラントです。

奥歯のあたりに上下左右4ヶ所を
一度に入れるという
結構無茶なことをしました。
麻酔代とか何度もかかるのは嫌だったり
仕事休むのも少なくしたいので
お願いして一度にやってもらったのですが…
やっぱりちょっとキツいですね。

自分でも笑えるくらい相当腫れて
食事をすると食べカスがつまります…
腫れていて口が開きにくいので
歯ブラシを入れるのも必死でした。
まあなんとか腫れの山場は越えましたけど、
まだちょっと歯磨きは苦手です。

この金具はというと
奥歯を歯茎に埋め戻す(?)ためにつけた
補助具みたいなもので
矯正が終わると取ることができます。
また手術かと思うとテンション下がりますが
2〜3年先のことなんて考えててもしょうがない!
もう少ししたら
親知らずを抜くという手術も待ち構えています…
出ているのは1本だけなので
残り3本は切開が必要…
はぁ〜…ですよ

110504.jpg

ここしばらくは手術づくことになりそうですが
まあなんとかやっていきたいと思います。
でも…
江戸巡礼に行く時間がつくれないぜ…
トホホ…

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。