So-net無料ブログ作成
トップページへ

印刷博物館de高野山 [仏教・仏像]

今日は投票のついでに
印刷博物館に行ってきました。

以前紹介しましたが、
こちらでは
「高野山の書庫の扉をひらく 空海からのおくりもの」
という企画展が開催されています。
ちょうど昨日からで、7月18日までやっているそうです。

印刷博物館の規模からして
それほど展示数は多くないだろうと思っていたのですが
意外に内容は充実していました!

高野山を「山の正倉院」ととらえ
宋時代の経の版木や平安時代の中尊寺経など、
中国のものや美しいまま残された古いお経が
最初に紹介されていました。

また、高野版と呼ばれる
高野山で制作された版木などが展示されていたり、
大きな摺仏の図像など、
なかなか目に触れることのないものが多かったです。

印刷博物館だけに、
印刷、版に関する紹介が中心になっています。
お経や仏画は博物館などで肉筆のものを見ることはあっても
摺られたものを見ることはないですし、
そもそも、摺られていたんだ!くらいの感覚があります。
そういう意味での新鮮さがまずありましたし、
なぜ印刷されるようになったのかなどの
理由も考えさせられます。

高野山くらいの大集団だと、
仏教の教育をするにあたって
教科書(経)を大量生産するには
印刷だと効率がよく
書き写しの際の文字間違いのリスクも減らせるんだろうなとか…

単に見るだけでなく
背景に流れる歴史なんかも考えながら見ると
面白いかもしれませんね。


印刷博物館に併設されているVRシアターでは
この企画展にあわせて(?)
「両界大曼荼羅の宇宙」を上映しています。

高野山金剛峯寺の通称・血曼荼羅をデジタルで再現したもので
復元の様子を大スクリーンで見ることができます。

私の中では曼荼羅についての解説が
されるものなのかと思っていたのですが、
内容としては、長い年月をかけて復元をしたよ。
すごいだろ。みたいな…
でも、劣化した文化財を
当時の姿に最新技術を用いて蘇らせることは
仏教美術好きにしてはぜひ進めていっていただきたい事業です。
せっかくなのでミュージアムシアターのように
文化財の内容を説明するような上映内容のものも
制作していただきたいところですが…

こちらは一日に何度か上映されているようなので
お立寄りの際はぜひあわせてご覧ください。
(なんか、T社のまわし者みたいな言い方だな…)


「ついで」に行ったわりには
じっくり楽しんでしまいました。
まだしばらくやっていますし、
途中、展示替えや講演会などもあるそうなので
私も時間があればまた足を運びたいと思います!

110424.jpg

写経体験! [仏教・仏像]

今日は雨の中、五反田の薬師寺東京別院で
写経を初体験してきました。

五反田駅から10分くらい。
池田山と呼ばれる高級住宅街に
薬師寺東京別院はあります。
なんだか建物自体がお寺っぽくないのと、
まわりのお邸が大きいのとで
え!ここ!?って感じでした。

入ると結構たくさんの方々がいらっしゃって、
どうやら奈良からいらっしゃったお坊さんの法話が
終わったところだったみたいです。
それはそれで拝聴したかったですが…

受付を済ますとお茶を用意してくださっていて
一服していると若いお坊さんが声をかけてくださいました。
気さくな方で、なんだか和みました。
初めての写経だというので、
お寺の方から作法等の詳しい説明があり
隣の部屋(本堂?)に入りました。

薬師如来さんが祀られていて
写経道具を揃えた机がいくつも並べられていました。
4名ほど先に写経をされていました。

席に座り、では始めるかと
墨をすろうとしたのですが
水がいっぱい出過ぎてあたふた…
筆に墨をつけ過ぎて、
書きはじめたらすごくにじんであらあら…
と、なかなかよいスタートは切れませんでした。

最初は久しぶりの筆の感覚や
墨のにじみに慣れなかったのですが、
三行ほど書くとなかなかいい感じに書けるようになりました。

一字一字ていねいに。
書き写している文字や般若心経の内容こそ
まだまだ未熟で分かっていない部分もありますが、
262文字を写すことそれ自体が行なのだとすれば、
こんな私でも修行が達成できたことになります。
体験してみたいという軽い気持ちでしたが、
写経をすることの意味を考えさせられました。

それに、また写経をすることがあれば
もっと内容を噛み締めながら写すとか、
願いを唱えながら写すなど
さらに一歩踏み込めればよいななんて思いました。

なんとか書き上げて完成したものを眺めると
やや薄めの墨で書かれているのが
どことなく雰囲気があってよいななんて
自分で褒めてみました。
なぞり写したからそれとなく整って見えますしね。

私が写したものは
このあと奈良に移されて永代供養されるそうです。
なんだかすごいです。

お寺を出たのは2時半でした。
恐らくここに付いたのが1時前だったので
結構な時間を費やしていたのが分かります。
せかせかして過ごしていると、
ひとつのことをやるのにこんなにも時間はとれませんが
たまには写経をしてゆっくり過ごす日があっても
悪くないなと思います。

110423.jpg

「お寺系」習い事 [仏教・仏像]

春は何か新しいことにチャレンジしたくなる季節。
私もできるものなら習い事でもしてみたいのですが、
休みの日はゆっくりしたいし、
お高い月謝もツライよねってことで
結局何もせずにいつも春が過ぎていってしまいます…
ホント、ダメなヤツです(笑)

ジムやヨガといった「運動系」、
料理や語学などの「教養系」と
習い事にもいろいろあると思うのですが、
私が注目しているのが「お寺系」の習い事です。

大きい小さい関わらず、
お寺に行くと掲示板があったりします。
そこをよく見ると
毎週○曜日 坐禅会 とか
毎月○日  法話  という
案内が書かれています。

これを勝手に「お寺系」と名付けたわけですが
いろいろ見ていると面白くて
家の近くのお寺ではヨガなんかもやっているみたいです。
意外にバリエーション豊富で驚きです…

坐禅なんかだと、早朝で朝粥付とかあります。
平日が多いので参加できる人は限られてるんじゃ…
と思いますけどね。
いわゆる朝活ってやつですか。

あと、仏像を彫る会とかもありますね。
これは結構お月謝高そうですし、
技術が早速身に付くのかも人それぞれですが、
私としては一度経験してみたい習い事です!
あと、仏画もいいですよね!

こんなにもいろいろある中で
私が今、行ってみようかなと思っているのが
写経です。

多くのお寺でされているかと思うのですが、
私は五反田の薬師寺東京別院に
お邪魔しようかと思っています。

やはり写経といえば薬師寺という感じがありますね。
般若心経はなんとか唱えることはできるけど
書き写してみることで
また何か新しい発見があるかとも思います。
筆で文字を書くのも楽しいですよね。
字が上手い下手関係ないですし。

好きな時にいつでもっていうところが
怠け者の自分にもあってるかなって感じもします。

近々、足を運んでみようかと思いますので
そのあたりまた報告させてください!

110410.jpg

「BBブーム」というより「Bブーム」 [仏教・仏像]

マイブームの生みの親、みうらじゅん氏が
2011年に「BB」が来る!
ということを言っていた(らしい)。

BBとは…
もはや定番のBBクリームのことではなく
「Birthday Buddha」の略なのです!!

昨日は4月8日。
お釈迦さまの生まれた日で、
多くのお寺で花祭りが行われていたことでしょう。
(ちょうど一年前の記事でも花祭りのことを書いてた記憶が…)

正直、この「BBブーム」を聞いたとき、
「それはないな…」と思いました。
花祭りや誕生仏のブームなんてなかなか考えられない。
というか、BBの日は昨日さらりと過ぎてしまったし。
まあ、あくまでみうら氏のマイブームというだけですしね。


でも、今年は手塚治虫の「ブッダ」のアニメが劇場公開されるし
それに付随して、TNMでも
手塚ブッダをテーマにした展覧会が行われます。

BBではないですが、「Bブーム」「ブッダブーム」は
ありえそうだなと思っております。

これを機にブッダのアニメを見る人、
マンガを読む人、読み直す人が増えたり、
大変な時でもあるのでブッダの言葉を紹介した本なんかを
手に取る人もいるかもしれませんね。

私自身、手塚治虫のブッダは何度も読み直した作品ですが
ブッダ・釈迦についてもう少し知識を広めてみても
いいかなと思っています。
もう少し詳しくその生涯を追ってみるとか、経典を知るとか。
先月行ったシルクロードに関する展覧会で
インド・パキスタンの仏教美術に触れて
結構刺激もありましたし。

「Bブーム」ちょっと来そうな気がしてます!

110409.jpg

状況変わらず…? [その他]

状況的にはあまり変わっていないような気はするけど、
毎日少しずつ進展を見せていて、
いつの間にか4月になってしまいました。

私の住んでいるところは
計画停電のグループの中に入っていませんが
もちろん節電を意識しています。

仕事は激減して
やっと最近仕事が入ってくるようになったな
という感じです。

休みの日はあまり遠出するのを避けています。
予定していた江戸札所巡りも延期してしまいました。
気晴らしに、大倉集古館に行ってみようかと思いましたが
調べてみると休館…
まだ仕方がないですかね。

とまあ、以前のような暮らしに戻るのは
あと少し時間がかかりそうではありますが
ブログは再開しようかと思っています。

まだいろいろ不安はありますが、
少しずつでも元の生活に戻れるようにしていきたいですね。

110402.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。