So-net無料ブログ作成
検索選択
トップページへ

太宰府を歩く その3<終> [仏教・仏像]

旅行2日目の朝は
ホテルの近くにお寺があるというので
まずはそこを訪れました。

場所でいうと祇園駅の付近。
都会の中の昔からの寺町といった感じで、
大小のお寺がひしめき合っています。
中には結構有名らしいお寺もあるそうなのですが、
太宰府以外はまったく調べて行かなかったため
詳細は分からずで…
ただ、駅でもらったパンフレットに
福岡大仏」なる仏さんを安置する
東長寺というお寺が掲載されていたので
そのお寺だけ訪れました。

唐帰りの空海が博多に滞在した時に造ったお寺だとかで、
かなりの歴史があるようです。
さすがにその頃の建物などは残っていないようでしたが、
門や六角堂などはなかなか良い趣を出していました。
ただ、建物で何よりも目に留まるのが、
色鮮やかな五重塔です。
平成23年春に落慶したといいますから、
まだできたてホヤホヤの五重塔ですね。
都会の真ん中にこんなものがあるというだけでも驚きです。

さて、問題の「福岡大仏」ですが、
寺内をぱっと見回してもそれほど大きな建物はないように感じたので、
大仏といっても丈六くらいの大きさじゃないの?と思って
向かったら、見てびっくり、
光背をあわせて16mの巨大釈迦坐像がいらっしゃいました。
こちらも完成したのは平成になってからのようです。
このお寺の財源はどこなのだろうか…と
いらぬことばかりを思ってしまいました。

ちなみにこちらのご本尊さんは平安期の作で国宝の千手観音。
私としては、むしろこの方をゆっくり見たかったです。

さて、この後私は地下鉄に乗り込み
福岡Yahoo!ドームを見物し、
またしても太宰府へ向かいました。

今日見るのは九州国立博物館です。
博物館の展示品が見たい!というよりは、
この博物館自体に行ってみたかったのです。
近代的でカッコいいじゃないですか!
太宰府天満宮の東側に長〜いエスカレータがあり、
そこから山の上に行きます。
なんかそれだけでもカッコいいのに、
山の上にあの流線型のガラス張りの建物があるんですよ。
東博も京博も、古い建物が命!
という感じですけど、新しくてもいいじゃないですか。

今回たまたま東京でやっていた時に見に行かなかった
「細川家の至宝」の特別展をやっていたので、
結構楽しめました。

それに、常設展の「海の道、アジアの路」も
なかなかよかったです。
東博だと、どちらかというと全国の古代の遺物を展示していますが、
こちらだと、九州で出土したものを多く展示しているようです。
展示フロアはそれほど広くないですが、
(九博自体、吹き抜けの空間を広くとった贅沢なつくりなので
延床面積は思ったより狭いです)
VRシアターなどの映像の上映もあって
分かりやすい、退屈にならない、お堅くないという、
私のような古代&九州の歴史シロウトでも親しみやすい感じでした。

そんな感じで時間は過ぎて九博をあとにし、空港へ。

1泊2日というあっという間の時間が終りを向かえました。
太宰府に関してはまだまだ見るところもあるようでしたが、
とりあえずは充実した時間を過ごすことができ、
少しは歴史を体感できたような気がします。
九州は大分など他にも仏像スポットがあるので
また時間を見つけて来たいですね。

120122.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。