So-net無料ブログ作成
検索選択
トップページへ

最後の旅 その1(三田・高輪の4寺) [江戸三十三観音]

7月の三連休のうち、2日を使って
江戸三十三観音めぐりの最後の旅に出かけました。

初日には
三田・高輪・旧東海道沿いの7か寺を
2日目には
世田谷と目黒の2か寺をめぐり
ついに満願致しました!!

暑い日差しの中、
自転車で巡るのはかなり大変でしたが
無事達成できてよかったです。

今回はかなりたくさんのお寺をまわったので、
何回かに分けてレポートをお届けします^^


さて、
最初に向かったのは第二十五番の「魚籃寺(ぎょらんじ)」です。
交差点や坂の名前になっているので
前からその存在は知っていました。
大きなお寺なのだろうと思っていたのですが、
魚籃坂を登っても他のお寺しかなく…
坂の中腹くらいにやっと魚籃寺を見つけました。

朱の門が目を引きますが、
思っていたよりもこぢんまりとしていました。
門よりも少し低いところに本堂はあります。
木立に囲まれて少し薄暗く、
本堂も古い印象です。
貼られた千社札にどことなく時代を感じます。

噂に聞く魚籃観音さんのお姿は拝せませんでしたが、
御朱印受付のところに
ミニチュア(?)魚籃観音さんがいらっしゃって、
きっとこのような可憐な姿をされているのだろうと想像しました。

魚籃観音は魚の入ったカゴを持っていらっしゃる方で、
観音さんが仏法を広めるために
美しい乙女の姿を借りて出現したことに由来するそうです。
昔、どこかのお寺の池に魚籃観音像が祀られていたのを
記憶していますが、
本尊として祀られているのは珍しいのではないでしょうか?

初日は7か寺を巡るということもあり、
ひとつのお寺にかける時間が短いのが残念なのですが、
先を急いでここから近くの第二十六番の「済海寺(さいかいじ)」へ。
魚籃坂から左に折れ、さらに坂を上ります。
暑さですでにヘトヘトです。

お寺は亀塚公園の隣にあります。
亀塚…古墳か何かがあるのかと確かめたく中へ入りました。
円墳のような小高い塚が公園内にあり、
説明を読むと、
古墳と思われていたけど、調べてみたらもっと昔のものらしい。
何とも言えないけど古墳かも。
『更級日記』とかにも出てくる…
みたいなことが書いてありました。
ううん…謎だ。

亀塚をくるっと一周できるのですが、
公園の裏側は崖になっていて少し驚きました。
かなりの高低差があるようです。

公園を出て済海寺へ。
新しいつくりのお寺で、
周りにお墓があり、檀家寺であることが分かります。
入って左側にある小さくて新しい観音堂の中に
「亀塚観音」が祀られています。

防犯上、扉は閉ざされていますが、
磨りガラスの隙間から仏さんを覗くことができます。
聖観音だそうなのですが、
坐像なので珍しいなと思いました。
ただ、観音堂脇に貼られているポスターには
立像の観音像の写真が使われていて、
安置されている方と姿が全く違う…
後で本を読んだのですが、
どうやら亀の上に立つのが亀塚観音らしいです…
じゃあ、堂内にいらっしゃったのはどなたなのでしょう…
謎が多いぞ、亀塚…

御朱印をいただいた時にお寺の方(奥様)が
「暑い中大変ですね」と声をかけてくださいました。
「この辺りが一番高い所だから、後はそれほど大変ではないですよ」
という言葉がすごく励ましになりました!
高い場所にあるので、
ビルに囲まれたせせこましさがなく
なんだか開放的な印象があるお寺でした。

110718.jpg

さて、さらに自転車を走らせ、
次は第二十七番の「道往寺(どうおうじ)」です。
伊皿子坂を下りたあたりにある、
これまた古い感じのお寺です。
狭い境内の中にお墓もあるので
先ほどのお寺に比べると窮屈な感じがしました。

そういえばですが、東京は7月のこの時期がお盆なんですよね。
済海寺もでしたが、お墓参りの方が何組かいらっしゃいました。

境内にずらりと並んだ石仏を見ていると
ひとつ小さな金銅仏が…
よく見ると仏ではなく、
大石内蔵助の像で少し笑いました。

こちらは聖観音と千手観音が
ダブル本尊をつとめているお寺のようです。
あまり聞かない例です。
どんな感じで並んでいらっしゃるのでしょうか?
拝観はできないのが残念です。
でも、聖観音が姿を変えたのが千手なのだから、
変化BeforeAfterってこと…?
なぜこんな形式をとったのでしょうかね。

前半の最後を飾るのは
第二十九番の「高野山東京別院(こうやさんとうきょうべついん)」です。

せっかくなので泉岳寺の前を通って行きました。
(前に行ったので今回は割愛!)

和歌山の高野山の東京出張所って位置づけなのでしょうね。
写経を体験したのは五反田の薬師寺別院だったし、
東京で「別院」と名のつくお寺を探すのもおもしろいかもしれません。
築地本願寺もそうでしょ?

広い境内の中に、新しく立派なお堂があります。
さすが高野山!としか言いようがありません。

本尊は弘法大師のようで、
札所本尊は向かって右にいらっしゃる聖観音さんです。
観音像が2体並んでいたのですが、
もうおひとりはどなただったか…
(いっぱい巡り過ぎて忘れてしまいました…)

法要中だったのでこっそりと心経を唱え、
境内をぶらぶら…
不動明王やお大師さん、
四国八十八ヶ所をあらわす像(お砂踏み的なもの)
などがありました。
炎天下ですからゆっくりもしていられませんでしたが
芝生もあって居心地がいい感じのお寺です。

午前中で三田・高輪の4か寺を巡ることができ
予定通り、品川で昼食をとりました。
この後、旧東海道沿いの3か寺をお参りします。

[かわいい]江戸三十三観音札所MAP[かわいい]【更新!】
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。